記事構成案を依頼する方法|費用相場や発注方法について解説。

記事構成案を依頼する方法|費用相場や発注方法について解説。

「記事制作を依頼したいけど、見積もりが高くて予算内に収まらない…」

そんな悩みを抱えていませんか?実は、記事制作費用は、記事構成のみを依頼することで大幅に抑えることができます。実際の記事構成の発注相場としては下記の金額になります。

利用サービス 費用相場 特徴
クラウドソーシング 3,000円〜10,000円 豊富なライターから選べるが、品質にばらつきがある
専門ライター・編集者 10,000円〜30,000円 高品質な構成が期待できる。クラウドソーシングよりも費用はかかるが、記事制作会社に依頼するよりも安価で高品質な納品物を期待できる
記事制作代行会社 20,000円〜50,000円 プロフェッショナルなサービスで安心感があるが、単価が高くなる傾向がある。
フリーランスエージェント 5,000円〜15,000円 高品質なライターが見つかりやすく、柔軟な依頼が可能

しかし、記事構成のみを発注することには、メリットだけでなくデメリットも存在します。そこで、この記事では、記事構成の依頼方法、費用相場、記事構成のみを発注した方が良いケースとデメリットを詳しく解説します。

▼この記事でわかる内容

  • 記事構成について
  • 記事構成を依頼すべき場所
  • 記事構成を発注するデメリット

また、高品質な記事構成案を作成できる人材を見つけられる「ミライトマッチ」をぜひご利用ください。

記事構成はコンテンツの最も重要な部分

大前提として、一般的な記事コンテンツの制作は、次のような流れで進みます。

まずリサーチを行い、次に構成作成、その後執筆、校正を経て、最終的に納品となります。中でも、記事構成はその専門性や経験が非常に求められるため、高いスキルが必要とされます。このため、構成作成ができる人材は非常に少なく、希少性が高いのが現状です。

適切な構成がなければ、記事全体の品質が大きく左右されるため、記事構成の段階はコンテンツ制作の中でも特に重要な部分となります。

質の高い記事を作成するためには、構成作成の段階において専門的な知識と経験をもつプロフェッショナルの協力が不可欠なのです。このように、記事コンテンツの品質を確保するためには、適切な構成を作成するスキルをもつ人材を見つけることが重要です。

記事構成案のみの依頼はどこにするべき?

記事構成案のみを依頼する方法はいくつかあります。それぞれの特徴を理解し、自社の状況や予算に合わせて最適な方法を選びましょう。

  • クラウドソーシングサービス
  • 専門のライターや編集者
  • フリーランスエージェント

選択肢①|クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスでは、多数のライターが登録しており、比較的安価で記事構成案を作成してもらうことができます。

しかし、ライターのスキルレベルにばらつきがあるため、質の高い構成案を手に入れるためには、実績や評価などを参考にしたり、テストライティングを依頼したりするなど、ある程度の労力が必要です。

また、クラウドソーシングサービスは、不特定多数のライターとやり取りするため、コミュニケーションが煩雑になる場合や、納期が遅れるリスクもあります。

選択肢②|専門のライターや編集者に依頼する

SEOライティングやコンテンツマーケティングに精通した専門のライターや編集者に依頼する方法もあります。

専門家であれば、SEOの知識やライティングスキルが高く、質の高い構成案を作成してくれる可能性が高いです。また、直接コミュニケーションを取れるため、細かい要望を伝えやすく、納期も比較的守られやすいでしょう。

ただし、専門のライターや編集者に依頼する場合、クラウドソーシングサービスよりも費用が高くなる傾向があります。また、個人のライターや編集者を探す手間もかかります。

選択肢③|記事制作会社に依頼する

記事制作会社に依頼する方法もあります。記事制作会社は、複数のライターを抱えており、様々なジャンルの記事構成案を作成することができます。

また、SEO対策やコンテンツマーケティングのノウハウを持っているため、効果的な構成案を提案してくれる可能性が高いです。さらに、納期管理や品質管理も行ってくれるため、安心して依頼することができます。

しかし、記事制作会社に依頼する場合、費用はさらに高額になる傾向があります。また、自社の意図やブランドイメージを伝えるために、綿密な打ち合わせが必要になる場合もあります。

選択肢④|フリーランスエージェントに依頼する

Webライターと企業をマッチングするフリーランスエージェントを利用する方法もあります。

フリーランスエージェントでは、あらかじめライターのスキルや実績が確認できるため、安心して依頼することができます。また、エージェントによっては、専任のコンサルタントがサポートしてくれる場合もあります。

ただし、フリーランスエージェントを利用する場合、手数料が発生する場合があります。また、登録しているライター数が限られている場合もあるため、希望する条件に合うライターが見つからない可能性もあります。

記事構成のみ依頼する費用相場

記事構成のみの発注の場合、多くの場合3000円〜1万円程度で発注することが可能です。ミライトマッチでは、これらの費用相場を元にして適切なライターを見つけることができます。

利用サービス 費用相場 特徴
クラウドソーシング 3,000円〜10,000円 豊富なライターから選べるが、品質にばらつきがある
専門ライター・編集者 10,000円〜30,000円 高品質な構成が期待できる。クラウドソーシングよりも費用はかかるが、記事制作会社に依頼するよりも安価で高品質な納品物を期待できる
記事制作代行会社 20,000円〜50,000円 プロフェッショナルなサービスで安心感があるが、単価が高くなる傾向がある。
フリーランスエージェント 5,000円〜15,000円 高品質なライターが見つかりやすく、柔軟な依頼が可能

記事構成のみを発注した方が良いケース

記事構成案のみを発注することで、費用を抑えつつ、SEOに強い記事を作成できます。しかし、どのようなケースで記事構成のみを発注するのが良いのでしょうか?

そこで、ここでは記事構成のみを発注するメリットがある場合を紹介します。

  • ケース①|費用を安く抑えたい
  • ケース②|社内に文章を書ける人材がいる
  • ケース③|自社商品・サービスに詳しい人に執筆を依頼したい

ケース①|費用を安く抑えてクオリティーを担保したい

記事構成案のみを発注する最大のメリットは、費用を抑えられることです。記事執筆を依頼する場合、文字数やテーマによって費用が変動しますが、構成案のみであれば、比較的安価で依頼できます。

また、専門性の高いライターに構成案を作成してもらうことで、SEOに強く、読者の検索意図に沿った記事を作成することができます。例えば、以下のような内容を網羅した詳細な構成案を作成してもらうことで、記事作成の効率を上げ、クオリティを担保することができます。

  • ターゲットキーワードの選定
  • 検索意図の分析
  • 競合調査
  • 記事の構成
  • 各見出しの内容
  • 参考文献リスト

専門性の高いライターに構成案作成を依頼することで、費用を抑えつつ、SEOに強く読者の検索意図に沿った記事を作成できる可能性が高まります。

ケース②|社内に文章を書ける人材がいる場合

社内に文章を書ける人材がいる場合、構成案のみを発注し、執筆は社内で行うという方法も有効です。

構成案があれば、ライターはそれに沿って記事を執筆するだけで良いため、執筆にかかる時間を短縮できます。

また、社内のライターであれば、自社の商品やサービスについて熟知しているため、より詳細な情報を盛り込んだ記事を作成できるでしょう。

さらに、社内で記事を執筆することで、外部に依頼するよりも費用を抑えることができます。

記事構成のみを発注するデメリット

記事構成のみを発注するデメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

  • デメリット①|執筆にリソースが取られる
  • デメリット②|記事コンテンツの品質が落ちる可能性がある
  • デメリット③|記事コンテンツがそもそも完成しない可能性がある

デメリット①|執筆にリソースが取られる

記事構成案のみを発注する場合、当然ながら記事の執筆は自社で行う必要があります。社内にライターがいない場合は、新たにライターを採用するか、外部に委託する必要があります。

いずれにしても、記事の執筆には時間と労力がかかるため、リソース不足に陥る可能性があります。例えば、以下のような点が挙げられます。

  • 採用活動や教育にかかる時間
  • 外部ライターとのコミュニケーションや原稿チェックにかかる時間
  • 記事の修正や校正にかかる時間

これらのリソースを確保できない場合は、記事構成案のみを発注することは難しいでしょう。

デメリット②|記事コンテンツの品質が落ちる可能性がある

記事構成案は、あくまで記事の設計図です。実際に記事を執筆するのはライターであり、ライターのスキルや経験によって、記事の品質は大きく左右されます。

社内にライターがいない場合は、外部に委託することになりますが、外部ライターのスキルを見極めるのは簡単ではありません。

実績やポートフォリオを参考にしたり、テストライティングを依頼したりすることで、ある程度のスキルを見極めることはできますが、それでも100%の品質を保証することはできません。

構成案の意図を正しく理解せず、読みにくい文章や誤った情報を含む記事を作成されてしまうリスクもあります。

デメリット③|記事コンテンツがそもそも完成しない可能性がある

記事構成案のみを発注した場合、記事の執筆は自社で行う必要がありますが、必ずしも記事が完成するとは限りません。

例えば、以下のようなことが起こってしまいます。

  • 執筆途中で行き詰まってしまう
  • 他の業務に追われて執筆時間が取れない
  • 途中でモチベーションが下がってしまい、執筆を断念してしまう

特に、記事の執筆経験が少ない場合は、構成案があっても、実際に記事を完成させるのは難しいかもしれません。

記事構成のみの発注ならミライトマッチを使うべき

スキルの高いライターを探している方に向けて、ミライトマッチが提供できるサービスは、以下のような強みをもっています。

  • いくら記事を発注しても手数料が0円
  • 最適な人材が最短即日で見つかる
  • ライター・ディレクターと直接契約ができる
  • 登録方法が簡単

クラウドソーシングは便利である一方、デメリットもあります。

クラウドソーシングのデメリット
1 品質のばらつきが大きい
2 質の高いライターがなかなか見つからない
3 オンライン上での意思疎通が難しい
4 セキュリティと機密保持のリスクがある
5 継続的な品質保証が難しい

ミライトマッチを利用することで、こうしたクラウドソーシングのデメリットを回避し、最適なライターを見つけることができるでしょう。

まとめ:最悪、執筆まで外注を検討するべき

記事構成のみの発注には多くのメリットがありますが、社内にリソースがない場合は、執筆まで外注することを検討するべきです。この記事を通じて述べた、記事構成の依頼方法や費用相場、依頼先の選び方についての理解を深めることが、最適なパートナーを見つける近道となるでしょう。

記事構成のみを依頼するメリットやデメリットを把握し、自社に最適な方法で高品質な記事コンテンツを作成してください。

投稿者プロフィール

山口 耀平
SEO歴5年のSEOコンサルタント。自身のアフィリエイトサイトをグロースさせた経験から、現在は企業のSEM支援を行っている。具体的には、オウンドメディア運用代行、SEO戦略立案、記事制作代行などを実施している。
日本マーケティング学会の会員としても活動をしている。

ノウハウカテゴリの最新記事