Webライターの探し方完全ガイド|失敗しない選び方から依頼のコツまで

Webライターの探し方完全ガイド|失敗しない選び方から依頼のコツまで

Webライターの需要が高まる中、SEOに強い記事を作成できるライターを見つけたいと考える企業は多いでしょう。

しかし、Webライターを探す方法は多種多様であり、それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。また、採用したライターが必ずしも期待通りの成果を出してくれるとは限りません。そこで、Webライターの探し方を比較検討し、最適な方法を選択することが重要です。

以下に探し方別の比較表をまとめたので参考までにご覧ください。

探し方 ライターの経験値 ライターの層の厚さ コミュニケーションコスト 費用
クラウドソーシング
マッチングプラットフォーム
SNSで募集 × ×
求人サイト × ×
知り合いから探す × ×

しかし、上記の方法でライターを探しても、注意点を把握していなければトラブルが発生したり、スキル不足のライターを採用してしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、Webライターを探す際の注意点やスキルを見抜くポイント、契約までの具体的な手順を詳しく解説します。さらに、おすすめのWebライター探しプラットフォームもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、自社にぴったりのWebライターを見つけ、効果的なSEO対策を実現するためのヒントが得られるはずです。

▼この記事でわかる内容

  • Webライターの探し方
  • Webライターの選び方
  • Webライターとの契約方法
  • Webライターを探す上での注意点
  • おすすめのWebライター探しプラットフォーム

Webライターの探し方

続いて、ここではWebライターの探し方について解説していきます。今回お伝えする探す方法としては、以下の5点です。

  • クラウドソーシングする
  • マッチングプラットフォームを利用する
  • SNSで募集をかける
  • 求人サイトで募集する
  • 知り合いから探す

また、それぞれの探し方について比較表も作成したので参考までにご覧ください。

探し方 ライターの品質 見つけやすさ 労力 費用
クラウドソーシング
マッチングプラットフォーム
SNSで募集 ×
求人サイト ×
知り合いから探す × ×

▼関連記事
【必見】フリーランス人材紹介サービス運営者がおススメするライターの探し方

探し方①|クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスには、多くのWebライターが登録しており、比較的低コストで人材を探せるメリットがあります。弊社調べでは、クラウドソーシングで流通している案件のうち、1文字1円以下の案件が60%を占めていることが分かっています。

しかし、低コストでの募集は、必ずしもスキルレベルの高いライターが集まるとは限りません。なぜなら、単価が安いと、SEOライティングの経験が少ない初心者や、スキルアップを目的としたライターが集まりやすいからです。実際に、多くのライタースクールでは「まずはクラウドソーシングで実績を積もう!」と指導しています。そこで、以下の対策を講じることをおすすめします。

  • プロフィールやポートフォリオの確認
  • テストライティングの依頼

クラウドワークスには「スキルテスト」という機能があり、ライターのスキルを客観的に評価できます。ランサーズでは「実績」や「評価」を参考にすると、信頼できるライターを見つけやすくなります。

しかし、優秀なライターほど高単価になる傾向があるため、予算と品質のバランスを考慮して依頼先を選ぶことが大切です。初めてクラウドソーシングを利用する場合は、小規模な案件からスタートし、徐々に信頼できるライターとの関係を築いていくことをおすすめします。

探し方②|マッチングプラットフォームを利用する

Webライターに特化したマッチングプラットフォームを活用するのもおすすめです。

ライティング人材特化のマッチングプラットフォームのミライトマッチでは、SEOに精通したライターや特定業界の専門知識を持つライターを簡単に検索できます。

スキルや実績で絞り込み検索が可能なので、専門性の高いライターを見つけやすい点が特徴です。また、ライターに特化したプラットフォームであるため、SEOライティングだけでなく、インタビュー記事やホワイトペーパー作成など、幅広いライティング業務に対応できるエキスパートが多数登録しています。

探し方③|SNSで募集をかける

SNSで募集をかける方法も有効です。「SNSで投稿しても応募来ないのでは…」と思われる方もいるかもしれませんが、ある程度運用されているアカウントであれば、意外と多くの人材が集まります。

私自身も、緊急でライターが必要になった際にX(旧Twitter)で募集をかけ、多くのライターに応募していただくことができました。SNSでの募集なら、X(旧Twitter)がおすすめです。活発なライターコミュニティが存在するため、質の高いライターを見つけやすい傾向があります。

ただし、フォロワーが少ないなど、あまり運用されていないアカウントからの募集では、なかなか人が集まりません。SNSで効果的に募集をかけるためには、ある程度運用されたアカウントであることが前提となります。

探し方④|求人サイトで募集する

Webライター向けの求人サイトを利用することは、効率的にライターを見つける有効な方法です。Indeedやマイナビクリエイターなど、さまざまな求人サイトがあり、それぞれ特徴があります。

サービス名 公式URL 特徴
Indeed https://jp.indeed.com/ 500件以上のWebライター求人が掲載されており、幅広い選択肢から選べます。
マイナビクリエイター https://mynavi-creator.jp/ Web・ゲーム・IT業界に特化しており、専門性の高い求人を見つけやすいです。

求人サイトを利用する一番のメリットは、多くのWebライターにアプローチできることです。

しかし、デメリットとして採用コストがかかる場合があります。たとえば、Indeed上でスポンサー求人を利用する場合、クリック課金型の料金体系となり、予想以上のコストがかかることもあるので注意が必要です。また、応募者が多すぎて選考に時間がかかる可能性もあるため、効率的な選考プロセスを構築することが求められます。

探し方⑤|知り合いから探す

知り合いのツテや紹介でWebライターを探す方法は、信頼性が高くおすすめの方法です。信頼できる人からの紹介なので、ライターの能力や信頼性をある程度は保証できるでしょう。また、紹介者がライターの特性をよく理解していれば、企業のニーズとのマッチングが容易になります。たとえば、IT業界に精通したライターが必要な場合、その業界に詳しい知人からの紹介なら安心です。

一方で、この探し方にはデメリットもあります。何より、身近な人脈にWebライターがいなければ、そもそも話が始まりません。

また、紹介者との関係性によっては、ライターが適合しなかった場合に断りにくい状況に陥る可能性もあります。実際に、友人の紹介で採用したライターの質が低く、記事の書き直しに多大な時間を要したという声は少なくありません。

この方法を活用する際は、紹介者に具体的な要件を伝え、可能であれば試験的な記事作成を依頼するなど、慎重に進めることが重要です。また、紹介制度を社内で整備し、成功報酬を設ければ、より良い紹介を得られる可能性があります。

Webライターのスキル見抜くための採用ポイント

Webライターがもっているスキルを可能な限り正確に見抜くことが採用時の重要なポイントです。とくに重要視したいポイントとして以下の3つが上げられます。それぞれ詳細に解説していきます。

  • ポイント①|コミュニケーション能力も見ておく
  • ポイント②|SEOの知識は面接で深ぼる
  • ポイント③|執筆実績やポートフォリオで実力を見る

▼ミライトマッチCEOの人材探しの基準に関する記事はこちら
良い人材を見極めるコツは?ライティング人材特化のミライトマッチCEOが解説します

コツ①|コミュニケーション能力も見ておく

Webライターにとって、クライアントとのコミュニケーションは業務の要となります。依頼内容を正確に把握し、クライアントの意図を汲み取る能力が不可欠です。また、不明点があれば適切な質問をすること、要望に対してはでき得る範囲で柔軟に対応することなども求められます。

さらに、円滑なコミュニケーションは信頼関係の構築に寄与し、長期的に仕事を任せられる安心感にも繋がるでしょう。

コツ②|SEOの知識は面接で深ぼる

SEOライティングの知識は、Webライターにとって不可欠ともいえるスキルです。検索エンジン最適化を意識した文章作成は、ウェブサイトの集客に直結するからです。SEOに関する知識は面接時に深掘りするようにしましょう。

面接時には、適切なキーワードの選定方法や、キーワードの効果的な配置方法についてどの程度の理解があるかを確認することが重要です。また、メタディスクリプションの書き方や、ユーザーの検索意図を意識した記事作成ができるかどうかも重要なポイントとなります。

ひとくちに「SEOの理解がある」といってもそのレベルはさまざまで、個人差が大きいです。知識について深掘りしながら質問することで、実力を正確に把握しましょう。

コツ③|執筆実績やポートフォリオで実力を見る

Webライターのスキルを評価する上で、過去の執筆実績やポートフォリオは極めて重要な判断材料です。これらを通じて、ライターの文章構成力、論理的思考能力、読みやすさを具体的に確認しましょう。

とくに、異なるジャンルや形式の文章を見ることで、ライターの柔軟性や適応力も把握できます。また、読者のニーズに合わせた文体や表現ができているかも重要なポイントです。

さらに、時系列で作品を見ることで、ライターの成長過程や経験の深さも理解できます。これらの要素を総合的に判断し、適切な人材を見極めることが大切です。

Webライターとの契約までの手順 

Webライターの採用プロセスは、複数のステップを経て慎重に進めるのが理想的です。各段階で候補者の適性を見極め、最適な人材を選定していくと良いでしょう。以下に、主要な4つのステップについて詳しく説明します。

  • STEP①|面談
  • STEP②|テストライティング
  • STEP③|単価交渉
  • STEP④|契約

STEP①|面談

Webライター候補との面談では、その人柄やスキル、経験を丁寧に紐解いていきます。単なる経歴のヒアリングに留まらず、その職歴に至った経緯や当時の思いを探ることで、その人となりを深く理解するよう心がけるようにしましょう。

また、面談中の態度にも注目します。こちらの話に真摯に耳を傾けているか、適切な質問を投げかけてくるかといった点は、コミュニケーション能力を図る重要な指標となるからです。

このように、言葉のやり取りだけでなく、姿勢や反応からも多くを読み取ることで、より立体的な人物像を描き出しましょう。

STEP②|テストライティング

Webライターの真価を見極めるには、実際の執筆を通じた評価が欠かせません。テストライティングでは、単に文章力だけでなく、SEOに関する知識や実践力も吟味します。

さらに、指定された納期を守る姿勢や、与えられたレギュレーションをどれだけ正確に理解し、遵守できるかも重要な評価ポイントです。これらは、プロフェッショナルとしての信頼性や適応力を測る指標となります。

このプロセスを通じて、技術面はもちろん、仕事に対する姿勢や細やかな配慮までも総合的に判断することができます。それにより、長期的な協力関係を築ける人材を見出せるのです。

STEP③|単価交渉

テストライティングの結果を踏まえ、報酬や単価の交渉へと進みます。この段階は、双方にとって極めて重要な局面です。

予算内での調整は必須ですが、同時にライターの意欲を損なわないよう配慮することも大切です。適切な報酬設定は、質の高い成果物を継続的に得るための礎となります。

また、長期的な視点も欠かせません。将来的な値上げの可能性や、成果に応じたインセンティブなどについても言及することで、ライターのモチベーション向上と長期的な協力関係の構築につながります。

このようなオープンで建設的な対話を通じ、双方にとって納得のいく条件を見出すことが、良好な協力関係の第一歩となるのです。

STEP④|契約

続いて、契約の段階に入ります。契約の段階では、必ず契約書をライターと結ぶようにしましょう。契約書作成時には以下のような点を気をつけるべきです。

  • 明確で分かりやすい表現を用いる
  • 両者の権利と義務を公平に定める
  • 業界の慣習や法令に準拠した内容にする
  • 必要に応じて専門家(弁護士など)のアドバイスを受ける

これらの点に注意するだけで、後々の大きなトラブルを未然に防ぐことができます。さらに、報酬や単価、納期、著作権などの重要事項を明確に定め、書面で契約を交わすことで、より安心して業務を進めることができるでしょう。

契約書を結ぶ上で気をつけるべき点について下記の表にまとめたので、参考にしてみてください。

項目 概要 解説
委託業務の具体的な内容 ライターに依頼する業務内容の詳細 記事のテーマ、文字数、キーワード、納品形式(Word、テキストファイルなど)、修正回数などを具体的に記載します。
報酬額と支払い条件 ライターへの報酬額と支払い方法、支払い時期 文字単価、記事単価、固定報酬など、報酬の計算方法を明確にします。支払い時期(月末締め翌月末払いなど)や支払い方法も明記します。
納期と成果物の仕様 記事の納期と求められる品質基準 納期は具体的な日付で指定し、遅延時のペナルティなども記載しておくと良いでしょう。成果物の仕様は、構成、文字数、キーワード密度、文体、参考文献の有無などを具体的に定めます。
著作権の帰属や利用範囲 記事の著作権が誰に帰属するか、利用範囲はどこまでか 通常は、著作権はライターに帰属し、企業は利用許諾を受ける形になります。利用範囲は、自社サイトへの掲載、SNSでの共有、二次利用など、どこまで許諾するのかを明確に記載します。
機密情報の取り扱い ライターが業務上知り得た機密情報の取り扱いについて 守秘義務の期間や違反時のペナルティなどを規定します。
契約期間と更新・解約条件 契約期間と契約の更新・解約に関する条件 契約期間は、期間の定めなし、〇ヶ月など、具体的に記載します。更新や解約の条件(〇日前までに通知など)も明記します。
再委託の可否 ライターが業務を第三者に再委託できるかどうか 再委託を許可する場合、事前に許可を得る必要があるのか、再委託先の選定基準などを記載します。
瑕疵担保責任や損害賠償に関する事項 納品された記事に瑕疵があった場合の対応や、損害賠償に関する事項 瑕疵の内容(誤字脱字、事実誤認など)や修正期間、損害賠償の範囲などを規定します。

Webライターを探す上での注意点

続いて、Webライターを探す上での注意点について解説します。Webライターとの契約後、様々なトラブルが発生する可能性があります。

私自身もライターのディレクションを始めた当初、注意点を軽視したためにトラブルを引き起こした経験があります。そこで、5年間のディレクション経験から得た、特に注意すべき3つのポイントをご紹介します。

  • 注意点①|テストライティングでスキルを見極める
  • 注意点②|業務内容の認識をすり合わせる
  • 注意点③|報酬や単価について事前にすり合わせる

注意点①|テストライティングでスキルを見極める

Webライターの能力や文章の質を正確に把握するには、実際に執筆してもらうことが不可欠です。そのため、必ずテストライティングを実施し、文章力、専門性、SEOライティングの知識などを綿密に確認しましょう。

テストライティングの課題は、実際の依頼内容に近いテーマや形式を選ぶことで、より適切な評価が可能になります。これにより、ライターの実力を的確に判断し、プロジェクトに最適な人材を見出すことができるでしょう。

特に、私の経験上、事業会社の担当者はテストライティングを軽視しがちな傾向があります。しかし、テストライティングを実施することで、ライターのスキルや文章の質を事前に確認できるため、その後のディレクションや修正の手間を大幅に削減できます。面倒に感じるかもしれませんが、長期的な視点で見ると、テストライティングは非常に効率的な方法です。ぜひ、積極的に取り入れることをおすすめします。

注意点②|業務内容の認識をすり合わせる

Webライターとのトラブルを避けるためには、業務内容の認識を事前にすり合わせておくことが重要です。具体的には、以下のような情報です。

  • 記事のテーマ
  • 文字数
  • キーワード
  • 納期
  • 納品形式

また、業務の対応範囲も非常に重要です。例えば、以下のような業務が発生するか否かは事前に決めておくようにしましょう。

  • 構成案を作成するか
  • 打ち合わせの出席があるか

これらの内容を事前にしっかりと固めておくことで、認識のずれを防ぎ、スムーズな業務進行を実現できます。

認識のずれは、お互いに不信感を抱かせ、不快な思いをさせてしまう可能性があります。契約内容や納品物のイメージなどを事前に明確にしておくことで、このような事態を避けることができます。

注意点③|報酬や単価について事前にすり合わせる

Webライターの報酬体系は多岐にわたり、個々のライターによって異なります。文字単価や記事単価、固定報酬など、さまざまな料金体系が存在するため、依頼前に詳細を把握し、自社の予算と照らし合わせて慎重に検討することが重要です。

また、修正回数や追加料金が発生する条件なども事前に明確にしておくことで、将来的なトラブルを未然に防ぐことができます。これらの条件を丁寧に確認し、双方が納得できる契約を結ぶことで、円滑に業務遂行できるのです。

おすすめのWebライター探しでおすすめのプラットフォーム

Webライターを探す方法はさまざまですが、効率的かつ信頼性の高い方法として、専門のマッチングプラットフォームやクラウドソーシングサービスの利用が挙げられます。以下に、とくにおすすめの4つのサービスを紹介します。

  • おすすめ①|ミライトマッチ
  • おすすめ②|クラウドワークス
  • おすすめ③|ランサーズ
  • おすすめ④|YOU TRUST

以下で詳しく見ていきましょう。

おすすめ①|ミライトマッチ

ミライトマッチは、即戦力ライターと企業をマッチングするプラットフォームです。独立した専業フリーランスのライターが多く登録しているため、質の高い文章を求める企業に適しています。特徴としては下記の通りです。

  • 専門性の高いライターが多数登録
  • 企業のニーズに合わせたマッチング
  • 直接契約が可能
料金形態 スカウトプラン(月額制):月額手数料が発生(詳細は要問い合わせ)

ラクラク発注プラン(無料プラン):企業側の手数料は無料

概要 ミライトマッチは、フリーランスのライティング人材と企業を直接マッチングするプラットフォームです。約1,900名以上の即戦力ライターが登録されています。経験年数2~3年以上の人材が70%以上、ライター歴10年以上の人材も100名以上在籍しています。
特徴 ・直接契約が可能

・専門性の高いライターが多数登録

・コンシェルジュによるサポートあり

実際に使った人のコメント ・仲介者の介在によりライターと発注者間のマッチングが改善

・仲介者が意思疎通を円滑にし、トラブルを防止してくれた

・専門知識を活かした要望の調整により高品質な成果物を納品

・契約条件の明確化や業務管理のサポートで安心して業務に集中できる環境を整備

・長期的な信頼関係の構築に寄与した

おすすめ②|クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトで、多数のWebライターが登録しています。幅広いジャンルの案件があり、初心者から経験豊富なライターまで様々なスキルレベルの人材を見つけることができます。

料金形態 ・クライアント側の基本利用料は無料

 ※コンペ形式で募集した案件の場合は発生することがある

・ワーカー側にシステム利用料(報酬額に応じて5〜20%)が発生

 10万円以下の部分:20%

 10万円超20万円以下の部分:10%

 20万円超の部分:5%

 タスク形式:一律で報酬額の20%

概要 日本最大級のクラウドソーシングサービスで、企業と個人がオンラインで直接つながり、仕事を受発注できるプラットフォームです。
特徴 ・470万人以上のワーカーと76万社以上の企業が利用

・幅広い業種・職種の仕事に対応

・さまざまな仕事形態(プロジェクト単位、時間単位など)に対応

実際に使った人のコメント クラウドワークスの事務局が24時間365日体制で監視しているため、トラブルが発生した場合もサポートが受けられる

おすすめ③|ランサーズ

ランサーズもクラウドソーシングの大手プラットフォームで、多くのWebライターが活動しています。クラウドワークスと同様に、様々なジャンルの案件を見つけることができます。

料金形態 ・システム手数料は、契約金額の5.5%(税込)

・ワーカー側の手数料率は一律16.5%

概要 フリーランスと企業をつなぐクラウドソーシングサービスで、幅広い分野のフリーランスが登録されています。
特徴 ・幅広い分野のフリーランスが登録

・プロジェクト管理ツールの提供

・スキルテストによる人材の質の保証

実際に使った人のコメント ・ユーザーの評価システムがあり、ある程度の安心感を得られる

・地域での検索機能があり、地元のフリーランサーを見つけやすい

・認定ランサー制度があり、信頼できるライターを見つけやすい

おすすめ④|YOU TRUST

YOU TRUSTは、転職者を見つけ出すプラットフォームです。ただ、業務委託契約での募集等もかけることができる上に、成長意欲の高いライターを集めることもできます。

料金形態 ・初期費用:10万円

・月額費用:16〜60万円

 ※具体的な金額は利用プランや企業規模によって異なる

・成果報酬:なし

概要 フリーランスと企業をつなぐクラウドソーシングサービスで、幅広い分野のフリーランスが登録されています。
特徴 ・幅広い分野のフリーランスが登録

・プロジェクト管理ツールの提供

・スキルテストによる人材の質の保証

実際に使った人のコメント ・プロフィールや紹介コメントを充実させることでお互いに信頼性が高まるから安心感がある

まとめ:Webライター探しはスキルやプラットフォームの見極めが大切

この記事では、Webライターの探し方、スキルを見極めるポイント、契約までの流れ、注意点などを詳しく解説しました。また、おすすめのWebライター探し方プラットフォームも紹介しています。

Webライターの探し方に悩んでいる方は、この記事を参考に自社にぴったりのライターを見つけて、効果的なSEO対策を実現しましょう。

 

投稿者プロフィール

山口 耀平
SEO歴5年のSEOコンサルタント。自身のアフィリエイトサイトをグロースさせた経験から、現在は企業のSEM支援を行っている。具体的には、オウンドメディア運用代行、SEO戦略立案、記事制作代行などを実施している。
日本マーケティング学会の会員としても活動をしている。

ノウハウカテゴリの最新記事